08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

結局、オニオンの日記な訳よ

            総 剣 司 令 ガ ト ム ズ 召☆★☆喚

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

ゼロに至る物語 

昨日は、学校が代休で休みだったので、ボヤッキーときゃなもちとカラオケに行って参りました~

この二人と行くと声の低いわたくしが非常にいたたまれなくなるんだぜぃ(-_-;)

まあ面白いからいんですけどね


さて、帰りに約一ヶ月ぶりに秋葉原に行きました。

塾が池袋なんで、池袋のアニメイトには結構行くんですが、やっぱりこっちの方が落ち着くんですねw


んで、fate/zeroの原作をまだ買い揃えてなかったので購入。

三冊分を一気に読んでしまいましたw

やはりいいですね、fate

SNと違ってちゃんとサーヴァントもマスターも戦ってるのが良かったよw

個人的にはやはりライダー組がいいですね

切嗣がアンチヒーロー的な存在であるだけに、ウェイバーとライダーの主人公オーラにはグッと来るものがありました。

あとは、やはり英霊たちの聖杯を求める理由なんていうのは史実に基づいていてよくつくってあるな、と。

英霊だけあって、持っている考えもいちいちカッコいいんですよね


アニメのあの作画で見たら、鳥肌立ちそうな箇所も多いですね、期待。

スポンサーサイト

Posted on 2011/10/26 Wed. 02:42 [edit]

ラノベ  /  TB: 0  /  CM: 0

そういえば・・・ 

ブログの更新忘れてたwww

夏休みがさらっと終わり、もうすぐ文化祭ですね~
今までの文化祭は適当にやりすごしてきたんですけど、今年は文準に参団2つとはりきってみましたw

やっぱり楽しまないとね、中二のときとか文化祭行ってない人が言えるセリフではないですが←


なんか書くネタもないので夏に読んだラノベを・・・

星図詠みのリーナ1,2,3 一迅社
この部室は帰宅しない部が占拠しました MF
精霊使いの剣舞1,2,3,4 MF
魔弾の王と戦姫1,2 MF
赤鬼はもう泣かない ガガガ
キミとは致命的なズレがある ガガガ
こうして彼は屋上を燃やすことにした ガガガ

あとは有名どころのやつを

気が向いたらレビューするかも

Posted on 2011/09/15 Thu. 23:21 [edit]

ラノベ  /  TB: 0  /  CM: 0

積み上がり始めた本たち 

コミケ一日目行った人おつかれさま、こおろぎは徹夜おつかれ&場所取りマジ感謝でした

ただただ雰囲気に圧倒されました
人がごみのようとはまさにあのこと・・・

でもごみとか放置していく人が多いのは悲しいですね、そういうのはよくない


さて今日から実家のある徳島に19日まで帰省してきます

なんか帰ってくると8月も終盤に差し掛かるという恐ろしい事態・・・

宿題どうしましょ、大丈夫かな・・・

Posted on 2011/08/13 Sat. 07:30 [edit]

ラノベ  /  TB: 0  /  CM: 1

はいミコっちゃんこれおみやげー 

合宿から帰還しますた

二上神のおかげで罰トレもなく、平和に過ごせました
・・・がやさんが中学の近くのグラウンド8周とかさせたらしいけど、大丈夫かよ・・・

んで、帰りに疲れた体に鞭打って。新約とある2巻、禁書SP、SAO8巻を買ってきましたw

で、新約2巻についてなんですが、
なんでしょう、以前の戦闘シーンの緊迫感がないというか、短い話の半分以上をレイヴィニアによる状況説明に使ってしまったのもあってか、少しペースダウンした感じはしました

ギャグパートをやるならキチンとギャグをやって、そっからシリアス展開にしてもよかったような気がしますね

まあミコっちゃんをはじめ、ヒロインが精神崩壊してなくてよかったです、、、

じゃあ明日は初参戦のコミケなんでノシ

Posted on 2011/08/12 Fri. 01:19 [edit]

ラノベ  /  TB: 0  /  CM: 0

お小遣い=本の購入費 

今月、じゃない先月のファミ通の新刊はB.A.D.のみ購入
狐にまつわる事件が一段落して、今回のテーマは「異能と普通人」とのかかわり、といった感じでしょうか
畏怖され、尊敬されると同時に孤独を抱え込む運命にある異能の者とそれでも、そこに関わろうとする人との苦悩が良かったです

あとヒロインの白雪がどんどん可愛くなってます。「小田桐殿の妻です」なんてなかなか人前で言えたセリフじゃないですよね
まあ
恋が成就する=小田桐が自分に課したことを乗り越える=話の柱を乗り越える
ですからなかなか大変そうですが・・・

まあ結構おすすめします、ただ話の内容としてやけに血の描写が多いので、そこらへんは注意ですかね

Posted on 2011/08/01 Mon. 11:37 [edit]

ラノベ  /  TB: 0  /  CM: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。